不快な事から自分を守る”感情のフタ”。でも”感情のフタ”が働いている状態には、非常に問題となる【副作用】があります。

シェアする

PAK93_taikusuwariatama20140322600

不快な経験は”心のハードディスク”にしっかり記憶されます

人は、自分の経験を”心のハードディスク”に記憶していきます。一度でも、自分にとって何かしらの不快(マイナスな感情)を持つと、そのような不快な感情を、また持ちたくないが故に、その不快を味わないようにしてしまう事があるのです。つまり、不快なことが発生すると、その防衛本能が働いて、

避ける、気にしない、見ないようにする → フタをする

不快と闘って打ち勝とうとして、不快を認めない、といったようになります。そうやって、不快な感情を味わない…、つまり、不快な感情に浸ってしまう事から防衛します。これを“感情のフタ”と呼んでいます。

また、そのマイナス感情の大きさや深さが、大きければ大きいほど…、深ければ深いほどに、【マイナス感情を味わうことを避けてしまう】のです。だって…

  • 傷つきたくないし…
  • 嫌われたくないし…
  • こんな奴だと思われたくないし…

これがとっても勿体ないことがあります。また、勿体ないと言う事は分かるんだけど…、という方にお伝えしたいのは、決して、

【 不快な感情を味わう事 = 良くない事 】

ではないのです!むしろ

【 不快な感情を味わう事 = 最高な人生を送る自分になる事 】

なんです。

”感情のフタ”の副作用

結論から申しますと、どうやら”感情のフタ”は

【 プラス・マイナスの区別がつかない 】

ようなのです。どういう事かと言いますと、何か不快な感情を味わいたくないが故に、避ける・気にしない・見ないようにする・フタをする、といった自己防衛を取り続けると、だんだん感じる力よりも、防衛する力の方が強くなっていきます。

人の”力”というのは、肉体的な物であっても、精神的なものであっても、使えば使うほど強くなっていきます。ですから、マイナスの感情を、避ける・気にしない・見ないようにする・フタをすると、その防衛する力が強くなり、プラスの感情までもを防衛するようになってしまうのです。

すると、

  • すごく傷つく
  • すごく辛い
  • すごく苦しい

という感情から身を守るのは上手になるかもしれませんが、その代わり、

  • すごく楽しい!
  • すごく嬉しい!
  • すごく感動!

プラスの感情がなくなってしまう可能性があるのです。これって、すごく勿体ないと思いませんか?以前お話を聞いたクライアントさんが、まさにこの状態でした。防衛する力の方が大きくなってしまったが故に、

【心の底から、ワクワクすることを感じられなくなってしまった】

のです。しかし、この事に気づいて、フタをしてしまっていたマイナス感情を思いっきり認めるというワークをしていった事で、決してマイナス感情をなかった事にするのではなく、しっかりと認めて、受け容れる。そして、その傷を癒して、浄化が出来たのです。

そうすると、これまで重かった重い”感情のフタ”がなくなり、プラスの感情も、ちゃんと感じられるようになったのです。それによって今まで自分では気付いていなかった、心のワクワク感がどんどんと湧き出てきたのです。

きっと、この方は、今まで通りに生きていても、それなりに幸せな人生は送れたと思います。でも、こうやって”感情のフタ”が外れたことで、これからも、もしかすると、今まで以上に辛いことも起きるかもしれません。その代わりに、それなりに…、ではなく、【心の底から最高に幸せな人生だった!】と言える人生を送ることになる気がして仕方がありません。きっときっとそうなると思います。

『不快な感情に”フタ”をしてはいませんか?』

ということで、皆様も、不快な感情にフタをしてはいませんか?しっかり味わって、そして認めて…、その上で消化・浄化をしましょう。そして、今、目の前にあるたくさんのHAPPYの種や、チャンスの種にどんどんと気づいていきましょう!

さらに詳しい解説はこちら

【DVD発売中】コーチ・カウンセラー・セラピストの方へ

常識にとらわれず集客するための3つの心構えとは?

11843986_894528137294708_701536202_n
ブログやフェイスブックを毎日更新していなくても、「なんか普通の人と違う」と言われながら、実際に会社員の平均年収を超え、10年間専業でやり続けられている僕が、具体的な数字もオープンにして、成功している方法をご紹介しております。詳細はコチラ
 

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>