あなたの人生をもっと心地良くする、心(気持ち・感情)と、頭(考え)の区別の仕方とは?

シェアする

26NJ_washitukarasotowomirudansei500
不快な事から自分を守る”感情のフタ”。でも”感情のフタ”が働いている状態には、非常に問題となる【副作用】があります。

上記の続きです。この話が、「す~んごく、よくわかる~!」という方と、「何のこと言っているのかよくわからない?」(正確には、後者とも感じていない、思っていない!?)という方の2極化しているような気がします。どちらかというと、何のこと言っているのか、よくわからない…、と言う方へ補足をさせていただきたいな~と思います。

心(気持ち・感情)と、頭(考え)を区別して捉える

どちらの方も、より自分の人生をHAPPYにしたい!と思っているという前提においての話です。それは、まず自分の中に、心(気持ち・感情)と、頭(考え)があって、それが区別して、捉えることが出来ていますか?

  • 「○○した方がいいんだろうな~」
  • 「○○すべきだよな~。」
  • 「○○でなければならない」

なんて、良く使っている人いませんか?これは、頭(考え)です。一方、

  • 「○○したい!!!」
  • 「○○したくない~」

というのは、心(気持ち・感情)です。本人は無意識だったりするのですが、セッションにおいても、自分の気持ちは?と聴いているのに、この頭の方ばかりを答えて、心を答えられない方が、実はすごく多いのです。これは、ダメとか悪いとかではなく、その方なりに、何かしらの事情や背景があって、そうなってしまっているだけなのです。

この「心」と「頭」というものがしっかりと区別出来るようにして、その心のままに生きる事が出来るようになると、人生はとっても心地よく送れます。

  • なかなか人生、HAPPYな気がしない…
  • あるいは、もっともっとHAPPYでいたいのだけど、そうでない時がある。
  • もっともっとHAPPYになりたくて仕方ない!

等、人によって、そのレベル感はまちまちなのですが、少なくとも、”あなたのHAPPY”は、あなたが満足したらHAPPYですよね?

【心】、【頭】そして【体】

zu001

では、HAPPYとは、上の図の体・頭・心のうち、どれがHAPPYだと、HAPPYでしょうか?それは、【心】ではないでしょうか?極端な話、体が何か病気だったとしても、その人の心がHAPPYであればHAPPYなのです。そういった意味で、【心】というものが、HAPPYでいるための原点なのではないでしょうか。

だから、心(感情)にフタがされていると、心を感じられなくなるので、最高にHAPPYな人生を送るには、マイナスな感情であってもそれをしっかり感じて、心にフタがされないように心掛けたいのです。

でも、分かっていても難しい。。。

しかし、いろんな理由や事情によって、上記のような理屈は理解出来るのですが、現実に起きている、あなたの現象の中で、これらがどうなっているのか、までは、なかなか丁寧に見る事が難しかったりします。

しかも、【意識と無意識】というような言葉があるように、心を意識化(感じ取る)する事が出来ていれば、対処をすれば良いだけなのですが、心が無意識化(自分でも感じ取れなくなってしまっている)していると、なかなか問題の解決が上手くいかなかったりするのです。

ですので、まずは普段から、自分の言動にちょっと意識を向けていただいて、「今、私の心(気持ち・感情)はどうかな?」というところに意識を向けてほしいと思います。それがあなたにとってのHAPPYな人生を送る小さなでも着実な第一歩なのです!

【心】【頭】【体】どこが上手くいっていないか

そして「あなたの心が、全ての現実を作っている」という大前提のもと、上記の図の中のどこが、スムーズに進んでいないか、現実が自分の思い描く方向にいかないのか、あるいはどうしたらもっと思い描く方向に進んでいくのか、を見つけていくのです。

すごい理屈っぽいですが、僕はこの理屈を盾にして「そう感じているんだったら、そうすればいいじゃん!」とはしません。人の心というのは、本当に繊細なのです。その絡みに絡んでしまった糸をゆっくりと、あなたの気持ちに寄り添いながら、ナビゲートするのが、私の役割です。

この一緒に見つけていく作業を、普通に話をしているだけのような、そんな気軽な雰囲気で、決して堅苦しくなく、重くなく…、むしろ、自分発見の旅を楽しむかのように、行なうのが、私の講座やセッションなのです。

【DVD発売中】コーチ・カウンセラー・セラピストの方へ

常識にとらわれず集客するための3つの心構えとは?

11843986_894528137294708_701536202_n
ブログやフェイスブックを毎日更新していなくても、「なんか普通の人と違う」と言われながら、実際に会社員の平均年収を超え、10年間専業でやり続けられている僕が、具体的な数字もオープンにして、成功している方法をご紹介しております。詳細はコチラ
 

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>